Q&A

Q1.サークルって何ですか?

同じ地域に住む、同じ年頃の子どもたちを持つ家族3~5世帯でつくっています。一緒に舞台を見て、遊んだり、語り合ったりしながら育ち合う仲間です。毎月サークル会を開いています。

Q2.子どもがまだ1歳です。劇を見るには小さすぎませんか?

0~1歳の小さなお子さんたちは、感じたことを表現する言葉を持ち合わせていないだけで、実はとても多くのことを舞台から感じとっています。音楽に合わせて体を揺らしたり、美しい色を目で追ったり、嬉しい気持ちになると声をあげて笑ったり、いろいろな反応を示します。幼い頃から優れた舞台と出会わせることは、お子さんの感性を豊かに育むことになるのです。

Q3.子どもが落ち着きがありません。じっと座って劇を見ることができるか心配です。

舞台を見る体験を重ねていけば、集中して見ること・聞くことができるようになっていきます。また、舞台を見ているときに子どもが落ち着きをなくすのは、必ずしも飽きてしまったからではありません。悲しい場面で心がざわついた時など、子どもたちは落ち着きをなくしてごそごそします。それは、体を動かすことで緊張をほぐそうとする、ふりむいてお母さんを探すことで安心しようとする素直な気持ちの表れです。私たちはそのような子どもたちの反応を大切にしたいと思っています。無理にじっとさせようとしたり、「しーっ!」と戒めたりする必要はありません。ありのままの子どもたちの反応を受けとめていきましょう。

Q4.長久手の人しか入会できない?

名古屋市名東区、守山区など長久手市の近隣に在住で、この会の目的に賛同する人ならいつでもどなたでも入会できます。お父さんたちもいます。そして、何歳になっても続けることができます。高校生・大学生・青年たちもいます。限られた期間だけのつながりではなく、長く関わり合うことができる場所です。

house